こころジャンクエッセンス

バックパッカー。旅先で働きながら田舎暮らし満喫してます。

DSC_0234

都会のオアシスから暑中見舞い申し上げます。阿鼻叫喚の猛暑から避難している心(こころ)です。

···まぁ、副業とか休日だけの話だけどね(笑)

それと都会に就職してから隅田川の高架下で野宿を繰り返してたが先週からネットカフェやレンタルオフィスも利用しているよ。

コロナ禍で図書館や公共施設の利用制限も受け本業その他に副業の就労環境が必要になったのだ。

当面は気楽で気ままな旅生活も不自由な生活を強いられそうじゃな。

DSC_0233

☀27℃/34℃ 台東区上野

深夜覚醒···無宿生活者が簡易宿泊所に泊まれば環境の違いから逆に寝付けないものだ。

普段から周辺を警戒して眠るからね。そう、それは野生の証明でもある(笑)

グランカスタマ上野店。風呂付き食べ放題のネットカフェ。そして料金もリーズナブル。

以前から機会を伺って今回はじめて利用してみた。うん、ここどんだけ天国やねん。

入店して地下の広いお風呂で肉体疲労を和らげていく。ジャグジーの泡ジェットが気持ちええな···

そんでもって風呂上がりの缶ビール最高!

DSC_0719~8

そのまま気の抜けた足取りで2階の無料食べ放題コーナーまでたどり着いた。

DSC_0721~2
DSC_0227
DSC_0228

激辛と匠のコラボカレーごっちゃん。玉子も好きなだけ贅沢できるとか素敵やん♡

E7pc5oiVoAAyU4R

名無しさんお腹いっぱい。冷房の効いた個室で眠気に襲われて死んだ様に眠ったよ。

さて、明日は田舎だ。やる事なす事が多いぞ。そして、いつもと違う休日になったのだ···
 


EB9A70B0E86FF05FE6F1BAC214069A64

こんにちは、心(こころ)です。唐突ですが先月から都会のベッドハウスに入居してます。

歌舞伎町で働き始めて都会の宿泊施設を求めてたら神様のお導きとやらで高田馬場のベッドハウス(仮称)を紹介された。

情報の詳細を明かせないので施設は仮称で呼ぶ。そして、そのベッドハウスは食事と寝所を無償で提供を受けれる感謝感激の簡易宿泊所だ(笑)

但し団体業者の紹介を受けた者だけしか入所できないので悪しからず。

ま、そんな経緯でベッドハウスから歌舞伎町まで通う事になった。

午前中から正午まで就業。午後から自由行動。専ら投資と好きな事して過ごす。

昼寝したくて直帰したり居酒屋に寄って夜中にベッドハウスに戻ったりして気楽なもんだ。

でも、そんな暮らしも今月下旬までの話さ。だって次の入所者が控えてるからね。夢の暮らしは何時までも続かないよ。

だけど貴重な体験できて有益だったよ。お陰で次の場所に移る資金も作れたんだ。

退所するまで、また間がある。それまでベッドハウスで面白可笑しく過ごそうじゃないか(笑)

☂︎29℃

DSC_0001

朝5時30分起床。目が覚める頃には朝食が用意されてる。納豆ご飯ごっちゃんしたら歌舞伎町の職場まで徒歩通勤だ。歩いて行ける距離って何て楽なんだろう。

田舎じゃ始発電車で職場まで通勤2時間。運賃も馬鹿にならん。

DSC_0720~2

うちの職場のご近所に到着。就業意欲を上げるための儀式(笑)

DSC_0718~6
DSC_0718~7

肉体労働終了。神社の裏通りで荒ぶった感情を静める鎮魂の儀式(笑)

DSC_0718~12
DSC_0718~11
DSC_0719~6

ベッドハウスに戻り昼飯ごっちゃん。中華丼美味かったよ。ここの入居者は本当に恵まれてるなぁ···他の施設じゃ粗食を提供されてるらしい。

DSC_0009

さて、山谷に行って月極ロッカーの契約更新だ。ベッドハウスの規則で部屋の施錠禁止されている。盗難防止のため貴重品は月極ロッカーに預けてるんだよ。

DSC_0010

山谷で用事を済ませたらジョイフル三ノ輪商店街にやって来た。アジアンカフェ&バーアポカリで1杯引っ掛けてから帰ろう。

DSC_0011
DSC_0012

タイ料理の豚肉ソーセージ。酸味のある発酵食品で酒の肴にピッタリだ。ほんま、美味かっちゃん!

DSC_0013

マスター、仕事落ち着いたらまた来まっせ。ごっちゃんでした♪

DSC_0014

(旧)都電荒川線面影橋駅。終着早稲田駅の一つ前の駅。ベッドハウスまで徒歩約20分。

静まり返った街の雰囲気が好きかな?人出の多い所が苦手なんでね···どこにも寄らず帰宅。

A38D77023BCBDC7CA7D32BD874CB9768

ベッドハウス提供の夕飯···メンチカツ定食?

DSC_0016

フライドポテトとポテトチップスとマカロニ。ついでに漬物とご飯とすまし汁。

1625831281486_DSC_0017

どんだけボリュームあんねん。三人前あるやん。腹痛起こさんように胃薬も置いとこ。

ほんま、ここの入居者は恵まれとるわ···


DSC_0684~8

こころです。山谷で元気に暮らしてます。

毎日同じ事の繰り返しで特筆する様な記事が無いです(笑)

ま、それを言っちゃお終いなんで緊急事態宣言の最中、約70km離れた山小屋から山谷までやって来た事情でも。

ずっと山小屋で安心安全の暮らしもついに問題の壁にぶち当たってしまった。緑のタヌキおばちゃんが東京に来ないでと従っていたら赤いキツネのカップ麺も底尽きた。

食糧難に陥ったので餌確保のため東京の求人募集案件に応募して即決採用。今度の現場は歌舞伎町。週六日午前勤務なので田舎に戻る日は少ないかもしれん。何れ何処かにアパートを借りる必要に迫られそうだ···

ま、それまで山谷に居着いてしまえというのが経緯です。一応、現金も貰えるし生活に困っていない。それに緑のタヌキおばちゃんが東京から出ないでと言うから従ってるよ?

今夜も隅田川の高架下で野宿じゃん。寒さが抜けてキャンプ道具一式も軽装になって快適。さて、酒飲みながら炊き出しで貰った弁当でも食べよっかね(笑)

☂ 24℃

DSC_0685~5

隅田川高架下。4時半起床。小雨。

南千住の朝マックでいつものチキンクリスプママフィンとアイスコーヒーのコンポセット(200円)ごっちゃん。スマホを充電しながらWiFiも使えるのでブログ更新などお世話になってる(笑)

Screenshot_20210604-060858

出勤。新宿駅到着。待機。

高島屋のFreeWiFi。まぁまぁ使える。今朝から雨で兄弟のホームレスも多い。山谷と違い雨を避ける寝床を探すのは骨を折ってるだろうな。近々、渋谷の109地下に身を潜める予定。

問題ない様なら金欠の時にでもお世話になるかもしれん。

DSC_0687~2

退勤。南千住駅到着。ショッピングモール。

100円ショップDAISOで敷物と小物入れを購入。この後、まりや食堂に向かう予定。お目当ての弁当なんで豪雨強風だろうが意地でも買いに行くぞ。

···この暴風雨の中、傘が折れた。そんでもって自分の心も折れた。まりや食堂が開くまで待ってたら水も滴る不細工オヤジの出来上がりじゃい。

DSC_0686~2DSC_0684~10
DSC_0685~6

日高屋に寄って中華そば餃子セットごっちゃんして隅田川に向かったよ。

DSC_0691~2

隅田川高架下。宿泊地。

スーパーに寄り道して酒のツマミを購入。鶏レバーの柔らか煮と目玉焼きトースト。これだけで夕飯済まして良かったかもしれん。

DSC_0688~3
DSC_0689~2
DSC_0690~2

目玉焼きトーストのパン生地が厚い。四枚入り食パンのサイズじゃないかな?

深夜まで暴風雨が寝床まで吹き込む。お釈迦様になった傘を風避けにせめてもの抵抗じゃな。この騒音じゃ眠れそうで眠れんが寝たつもりで寝よう。


DSC_0024~9

こんにちは、心(こころ)です。只今、山小屋で療養中です。

事の発端は現場の作業中にユンボの作業員の不手際で負傷しました。

先ず結果から話すと右上腕と大腿の筋挫傷。完治まで約三週間と医者から述べられた。

そして事故から一週間目。腕と脚の腫れも引きリハビリを始めたよ。

最も山小屋周辺がアスレチックフィールド。否応でも全身運動を余儀なくされるんだなぁ···

まぁ、最初は病院から山小屋に戻ってどうやって梯子を登ろうか悩んだ。

廃棄ロープとカラビナを使って四苦八苦しながら小屋の中に戻ったけどね。

それと水の調達も欠かせない。不自由な体で貯水庫の水を汲んで運んだ。

雨水を煮沸消毒して飲用水として賄うとか毎日サバイバルしてたよ。

もし医者が知ったら憤慨して役場の福祉課に連絡飛ぶかもしれんけどね。

つまり非日常の日常を毎日繰り返してると心構えも鍛えられちゃうんだよ(笑)

それでも体力が回復するまで暫く大人しくしてよう。うむ。

とりあえず労災保険で医療負担も掛からないのが救いかな?

☀20℃ 史跡 長柄横穴郡

DSC_0670~2

リハビリも兼ねて長柄横穴郡まで歩いた。早朝から出立して二時間の道程だ。

1617058670230_DSC_0677~2

うん、寂れた観光地の雰囲気。だーれも居らん観光地に自分だけ。

それでも来たのだ。一通り横穴とやらを見て回ろうじゃないか。

DSC_0674~2

この洞穴が横穴郡の目玉と思われる。どうやら中の様子を伺う事できそう。

DSC_0672~2
DSC_0673~2
DSC_0675~2

洞穴の趣きを見てついつい自分も寝転がりたくなる(笑)

1617058668173_DSC_0676~2

横穴郡と隣接した公園。新しい施設なのに閑古鳥が鳴いてるよ···。

DSC_0679~2DSC_0666~4

いや、マジ使われてる形跡がないんだけど。おかげでゆっくり用を足せるは魅力的。

DSC_0667~4

あ〜 やっぱりそういう訳ね。コロナ禍で閉館。

DSC_0015~10

昼過ぎ山小屋に帰宅。体力回復の一環として水汲み場を探すのもいいだろう。

DSC_0016~5

うちの山小屋にも貯水庫を設けてあるが生活用水が目的だし?

DSC_0017~5

まぁ、その前に空きっ腹を袋ラーメンで満たそう。悩んだ所で喉は乾くし腹は空くし煩悩こそ我が人生。

DSC_0020~2


獣は本能で行動するが人は煩悩に藻掻く動物なのだよ(笑)

(」°∀°)」<㌍㌫㌻㍍㍗㌫㍊㍍㌘㌶㌍㌫㌻

DSC_0028

こんにちは、心(こころ)です。研修も終えて本日が最終日です。

今回は日雇いバイトと新任研修の受講の目的で田舎から山谷までの自転車の旅をしました。

旅は、寒波の兆しで始まり日雇いバイトは大寒波に身を晒し次の日から小春日和で山谷に到着しました。

山谷と大塚駅を往復した二日間。研修を終えれば、お酒を飲み千鳥足で隅田川まで帰路に就きました。

二泊目も高架下から夜景スポットを見ながら眠るはずでしたが···寒波暴風の襲来じゃんよ。

自転車が倒れ布団(寝袋)が吹っ飛んだーとか親父の寒いギャグが一晩中続きやがったよ。

☀1.8℃ 隅田川

DSC_0027~6

・・・ドスン!

ん?何じゃい?眠ってると突然鈍い衝撃を受けた。ひょっとして···襲撃者かと思ったら自転車に襲撃されてたよ。

あぁ、隅田川が荒れてたのか。下敷きになった自転車の下から這い出て体勢立て直そうとしたら···強風で寝袋が空中に飛ばされた!

あっという間の出来事で吹き飛ばされた寝袋を慌てて取りに行ったよ。いやはや、参った、参った(笑)

他の場所に移動しても暴風の轟音で眠気なんて覚めてしまった。まだ夜が明けぬ内に隅田川から出発した。

DSC_0029~5

凍えた体を温めたい。とりあえず目覚めのコーヒーじゃんよ。

DSC_0030~3

熱い飲み物を内側から温めて落ち着いた。自販機の前でしばらくボケ〜っとしてた。

DSC_0031~2

夜も明けてきたが相変わらず風が強い。逆風の中、自転車のペダルを漕ぎまくる。

DSC_0032~2

二つ目の河川橋に出れば突風で体を持って行かれそうになる。ギアチェンジしてゆっくり走った。

DSC_0033~2

三つ目の河川橋。朝日がきれいで小休止。街並みの映えた光景を眺めたよ。

DSC_0033~3

強風の域から逃れてやっと落ち着いて走行できた。すき家も見えて来たし朝飯にすっかぁ···。

DSC_0029~6
DSC_0030~4

ご飯大盛りでこの料金。それでもやっぱ安いよなぁ···

DSC_0031~3

先ずガーリックと千切った海苔を丼に散りばめる。そして質素に醤油で塗す。

DSC_0032~3

程よい所で玉子かけご飯にしてごっちゃん♪ご飯お代わり追加なら味噌ぶっかけ飯もありじゃな(笑)

DSC_0029

帰路コース変更地点。次回は、ここで朝飯ごっちゃんしよう。毎度抜けるコースなのにまだ一度も利用した事がないんだよ。

DSC_0030

京葉道路。ここからひたすらロングラン。陽射しで眩しい。

DSC_0032

やっと先が見えて来た。千葉駅を抜け蘇我駅も抜けて自転車を漕ぐ。休憩を挟みたいがもう少しの辛抱だ。

DSC_0033~6

茂原街道に出た。やっと休憩できるぞぃ。

DSC_0033~5

皆のLAWSON。都会でも田舎でも色々とお世話になってる。これらコンビニの設備を考えても街に欠かせない存在だ。

DSC_0034~2

コンビニといえば高い商品の印象を受けるが冷凍食品や他の商品を見る限り良心的価格も揃えている。

この缶コーヒーだって自販機より安いぞ(笑)

DSC_0033~4

山小屋に到着。山谷から走って約6時間ちょっと。以前の住処よりずっと近くなった。

原付バイクでも買ったら山小屋から通勤しても問題無さそうだな。

IMG_20210306_182156

汗ばんだ黒シャツをドアに引っ掛けて乾かした。インスタントコーヒーを飲んで寛いだよ。

DSC_0034~3

さて、山小屋の昼飯でも頂こう。たっぷり具材のカレーごっちゃん(笑)

clip_now_20210308_033418

このページのトップヘ